t8.dev

🇺🇸

【hooks対応版】Firebase Firestore(v9)とReactでデータを操作する

公開日:2021/11/01
更新日:

はじめに

心理学を使ったTODOアプリを開発している、@takasqrです。

心理学を使ったTODOアプリ | todo8

心理学を使ったTODOアプリ | todo8

FirebaseのSDKのバージョンが9に変わって実装方法が変わったので記事を書くことにしました。

構成

  • Firebase Authentication(v9)
  • React

Cloud Firestoreとは?

Cloud Firestoreは、一言で言うと「NoSQLのDBを簡単に作ることが出来るクラウドサービス」です。

Cloud FirestoreはFirebaseというクラウドサービス群の一つです。そして、Firebaseは現在Googleによって運営されています。

できる事

Firebaseのプロジェクト上にDBを作って管理していくことができます。

料金

  • 書き込み 20,000件/日
  • 読み込み 50,000件/日

まで無料で使うことができます。

料金プラン | Firebase

React.jsとは?

React.jsは一言で言うと、「フロントエンド(ブラウザ)で動く、javascriptのフレームワーク」です。

Firebaseを初期化

Firebaseを使うためには、初期化処理を行う必要があります。

index.js
import React from 'react';
import ReactDOM from 'react-dom';
import './index.css';
import FirestoreAddButton from './firebase/FirestoreAddButton';
import FirestoreList from './firebase/FirestoreList';
import reportWebVitals from './reportWebVitals';

import { initializeApp } from 'firebase/app';

const firebaseConfig = {
  apiKey: 'AIzaSyDf9wc8MCB3H_gmvQbxsuBTo5QCadRu8tg',
  authDomain: 'litely-f6e0d.firebaseapp.com',
  projectId: 'litely-f6e0d',
  storageBucket: 'litely-f6e0d.appspot.com',
  messagingSenderId: '400014490635',
  appId: '1:400014490635:web:47198f41e8f33d603e5b0e',
  measurementId: 'G-9Z9X0FJZRL'
}

initializeApp(firebaseConfig);

ReactDOM.render(
  <React.StrictMode>
    <FirestoreAddButton />
    <FirestoreList />
  </React.StrictMode>,
  document.getElementById('root')
);

reportWebVitals();

データ追加

FirestoreAddButton.js
import { getFirestore, collection, addDoc } from 'firebase/firestore'

const clickButton = () => {
  const id = '003'
  const name = 'test'
  const uid = ''

  const db = getFirestore()
  const docRef = addDoc(collection(db, 'tasks'), {
    uid: uid,
    id: id,
    name: name
  })
  console.log('Document', docRef)
}

function FirestoreAddButton() {
  return (
    <div>
      <button onClick={clickButton}>Firestore追加</button>
    </div>
  );
}
  
export default FirestoreAddButton;

データ参照

FirestoreList.js
import React, { useState, useEffect } from 'react';
import { getAuth, onAuthStateChanged } from 'firebase/auth'
import { getFirestore, collection, query, where, onSnapshot } from 'firebase/firestore'

function FirestoreList() {
  const [tasks, setTasks] = useState([]);

  useEffect(() => {
    const auth = getAuth()
  
    // login状態が変更されたら
    onAuthStateChanged(auth, (user) => {
      if (user) {
        const db = getFirestore()
        // loginしてたら
        let tasks = []
        const q = query(collection(db, 'tasks'), where('uid', '==', `${user.uid}`))
        onSnapshot(q, (snapshot) => {
          snapshot.docChanges().forEach((change) => {
            if (change.type === 'added') {
              console.log('added: ', change.doc.data())
              tasks.push({
                id: change.doc.id,
                name: change.doc.data().name
              })
              console.log(tasks)
            }
          })
          setTasks(tasks)
        })
      }
    })
  }, []);

  return (
    <div>
      {tasks.map(val => (
        <div key={val.name}>{val.name}</div>
      ))}
    </div>
  );
}
  
export default FirestoreList;

ReactでFirebase Authentication(v9)を使って認証機能を作るにはこちら。

関連記事

firebaseに入門して一年後の使い方
【Firebase】カスタムクレーム(Custom Claims)で管理者ユーザーを作る
Firebase Authentication(v9)とNextで認証機能を実装する
Firebase Authentication(v9)とNuxtで認証機能を実装する
Firebase Authentication(v9)とReactで認証機能を実装する
Firebase Authentication(v9)とVueで認証機能を実装する
Firestore Liteとは?
【hooks対応版】Firebase Firestore(v9)とNextでデータを操作する
Firebase Firestore(v9)とNuxtでデータを操作する
Firebase Firestore(v9)とVueでデータを操作する

オススメ記事

5年間ほぼ毎日プログラミングの勉強をするためにやったこと
論文と本から学ぶ、プログラミング独学のコツ
目標達成率を高める if thenプランニングとは!?【本とアプリも紹介】